恋っていいですよね(唐突)

新しい恋を探さなくなって何年も経つノブトウです。

高校生(塾の生徒)から、大人までさまざまな人から恋愛について相談を受けます。

「失恋に効く薬は新しい恋」とよく言いますね。

痛みが出てから薬を探す、確かにいいアドバイスかもしれません。

でも僕は『予防接種』して恋をしてもよいのではないか、と考えます。

恋は楽しくも辛いことばかり

恋は個人的なものです。どこまでいっても一般化はできません。

僕もたくさん恋をして、それと同数の失恋を繰り返してきました。

本気で恋をしている時は躁鬱病に近いと思います。脳がずっと動いていてスタミナを消耗されます。

相手の言動をいちいち拡張して捉えてしまう。普段なら、相手がその人でないなら、スルーしてしまうようなことも深読みしてしまう。その人が「来週友達と遊びに行くんだ」という言動から、もしや男だろうか?と気になったりなど。

10代なら恋に煩わされてもいいとは思いますが、大人になると仕事にも影響があるし、恋をするにもなるべくこころ穏やかにいきたいものです。

予防接種=小さい失恋を重ね耐性をつける

さて、本題です。

恋愛にタフになるには以下を実践してみてください。

・気になる人全員を気軽にデートに誘ってみる
・想い(込み)に任せて最初から「この人だ」と絞り込まない
・さっさと断られる

これを実践してみてください。

よくある批判「軽薄な人間だと思われる」

こういう話をすると、「そんな不義理なことはできない」、「別の人と遊んでいるのが知られると、嫌われる」という人がいます。

本当に不義理でしょうか? 別の人と遊ぶだけで嫌われるでしょうか?

もちろん二股をかけるのはNGです。そもそも一人と付き合うことが決まったら、その相手に集中すればいいだけです。

デートの回数を増やせば付き合える確度が高まるわけではありませからん。

デートしてみなければわからないことばかり。二人で会うとテンションが全然話が噛み合わなかったなんてよくあることです。

予防接種の効果

効用1: 相手の言動を冷静に捉えられる

想いが強すぎて空回りしたり、失言して後悔したことはあるでしょう。
まずはゆるく気を張らないで

効用2:恋愛の経験値を少しずつ上げていける

多くの場合、人と好きになる時って自分より素敵な人のことが多いです。
恋愛経験が少ないと、想いばかりが先走って何かと独りよがりな言動をとりがち。
「この人じゃないと!」と思って、ほかの異性と交流することを避けた結果、経験値を得ることなく成長せず、結局素敵な人と出会っても全く相手にされないなんてことになります。

経験を積むという意味でも、気になる人とは関わりを持って、二人で会う方がいいです。結果的に見込みがなくても、あなたは少しだけ成長します。

効用3:時間のロスを防げる

見込みのない相手をずっと追いかけるのは無駄ですし、お互いに消耗します。

相手があなたのことをどう思っているか、ダメならダメで相当に回答や見込みを出して損はないと思います。

恋の目的を見極めよう

もしあなたが「恋人が欲しい」、「そばにいてくれる人が欲しい」という望みを持っているなら、この方法は有効です。

その気持ちが特定の人物から発したわけではない場合、その時の判断で一人を追いかける必要はありません。

そうすれば身を崩すような片想いは起こらないはずです。

身を崩すほどの気持ちじゃないと本当の恋ではないって?

それは相手のことを考えなさすぎです。

あなたのことをなんとも思っていないどころか、苦手と思っているかもしれませんし、残念ながら「想われるだけ迷惑」ってことも世の中にはよくありますし、追いかけている方は視野が狭くなっているのでそれに気づきません。

恋愛って想いが強ければ成就するものではないことはご承知のとおりでしょう。

まとめ

まだ片思いの段階なのに一人に絞る必要があるのでしょうか?

断られることに慣れておくというのは人生を生き抜く上で大切です。

そもそも好きといっても、まだ相手のこともわからないし、付き合ってみないとわからないことだらけ。

少しでも気になる人がいるならどんどん新しい恋愛の種まきをしておきましょう。

ちょっとした失恋や諦観を重ねることで、大きな恋愛が訪れた時によりタフに挑めます。

ぜひ試してみてください。

それじゃ、また。

おすすめの記事