2019年6/23-6/28、ベトナムのリゾート地ダナンに行ってきました。
乳児と一緒に旅行したので、気を使うこともたくさんありましたが、有意義に過ごせました。

以前、首都ホーチミンに行ったことがありますが、排気ガスで喉が痛くなった覚えがあります。ダナンは交通量も少なく排気ガスも少なかったです。

直行便もありますし、航空券付き3泊して5,6万円のプランもあります。ダナンはちょっと息抜きしたい人におすすめの旅行先です!

今回の記事では、これからダナンに行く人に向けて、注意点、オススメのスポットを紹介します。

≫関連記事:ベトナム・ダナンのおすすめ屋台3店【ちょっとマニアック】
≫関連記事:乳児を連れて東南アジアを旅行する時の手続き・注意点5つ

ダナンの旅行情報をざっとおさらい

ダナンは、ベトナムのちょうど真ん中あたりにあります。ベトナムってほんと縦に長い。

日本で例えると、沖縄が近いでしょうか。
物価はベトナムの中では多少高い方ですが、地元のお店もあり、バランスが取れています。国内旅行するよりは断然安く上がります。

ダナンの各エリアについて

ダナンはコンパクトな街です。中心街と、東部のホテル群が並ぶ沿岸部に分かれています。

飛行機で5時間半


引用:https://poste-vn.com

日本から直行便が出ています。
日本人、韓国人、中国人のアジア人の観光客が多かったです。実際に現地に着いても、欧米人よりはアジア人旅行者の方が多かったです。

気温が高いので注意


https://tripnote.jp/da-nang/da-nang-climate
僕らが行った6月は一年で最も気温が高い時期です。
直射日光が肌にチクチク刺さります。目の前は海でしたが、日中はだーれもいません。
みんな朝か夕方に海に入ります。「いったいこの人たちはどこに潜んでいたのだろう?」と思うくらい日中と朝夕の差に驚きました。

ダナンの気候の情報

  • 年間平均気温は26℃
  • 6月から8月は最も暑い時期で、平均最高気温は34℃。
  • 乾季は3〜8月。
  • 年中日差しが強いのも特徴です。日中はほとんど人が歩いていない。
  • 雨季はバケツをひっくり返したような雨が降る

ダナン市内の歩き方

ダナンの行動エリア


ダナン市内は非常にコンパクトで、タクシーもすぐ捕まるので、主要な場所は数日で回れます。
ダナンのような観光地に行く人はたくさん見てまわるというよりは、ホテルでのんびりしたい方が多いでしょうね。

次に、移動とお金について説明します。

ダナン市内の移動にはタクシーを使いましょう


緑のタクシーが目印です。ボラれることはなかったです。初乗りが50円でそれから80円ずつ上がっていきます。
ホイアンなど特定の場所は最初に定額で交渉するのもありですね。20km以上ありますが、1600円ほどで行けます。

物価の計算のコツ


紙幣に描かれているのは、すべて建国の父・ホーチミンです。どれも同じ顔なので間違えやすいので注意。
ざっくりいうと、200ドン=1円です。

①ドン紙幣の下2桁を隠して、その半分が日本円ということになります。
50,000ドン⇒下2桁隠すと500⇒2で割る⇒250円。
②下3桁を隠して、5でかける方を選びました。
50,000ドン⇒下3桁隠すと50⇒5をかける⇒250円。

僕は②で計算しました。ちょうど下3桁の切れ目の「,」で隠せるので迷いませんでした。
どちらでも良いです。

換金場所は宝石屋


いろんな場所に宝石屋さんがあります。通称ゴールドショップ。ほぼ等価で「どうやって儲けてるの?」と思う。しかも手数料なし。国からの補助金でも出ているのだろうか。

さて、ここからは、ノブトウが旅行で使って(行って)よかった場所をご紹介します。

ここは行ってほしいダナンのおすすめ

早朝の海


前述のとおり、日中は暑すぎて(気温38℃)、みんな朝か夕方に海で遊びます。

昼間の様子

暑すぎてだーれも浜辺にはいません。気温38℃はさすがに体に悪いです。

朝の様子

朝日が気持ちいい。観光客が多く集まっています。犬を散歩している地元の人も多くいました。

ソンチャナイトマーケット

ドラゴンブリッジのたもとにあります。

(https://tabinaka.co.jp)

入り口はこんな感じです。街灯が少ないダナンの中で明るく輝いています。

無数のバイクが停まっています。

いろんな出店が揃っています。パチモンもありますが、お土産もたくさんあります。
アイスキャンディが25円で売っていた。わりといけた。

ハン市場


中心地にあり、どのガイドブックにも載っています。

衣料品、日用品、食料、電化製品、なんでも売っています。地元の人が多く集まって買い物をしていますが、外国人でも気軽に入れます。

外には香辛料や干物など。ハエがとまっているのがちょっと気になる(笑)

娘はずっと上機嫌でした。

ベトナムの女性ってみんな子供好きで、横を通り過ぎるたびに誰かしらが話しかけてきます。いい国だなと思いました。

ホアリーショップ

日本人経営のお店です。勤めているスタッフはベトナム人ですが、みんな流暢な日本語を話せるので安心です。
値段は少し高いですが、涼しいお店でゆっくりおみやげを探したい人はここです。

友人へのお土産で変なTシャツを買う。(露店でも売っていました。露店の方が半額くらい)

ざっくりとした内容ですが、ダナンの紹介は以上です。めっちゃいいところですよ。

≫次の記事:ベトナム・ダナンのおすすめ屋台3店【ちょっとマニアック】

おすすめの記事